外貨定期預金:Windjammer Resort and Beach

銀行で取扱っているお得な外貨預金

為替相場の変動リスクにご注意!

To enjoy a long vacation at the resort of the southern country

一定の範囲内で為替変動リスクを軽減しつつ円ベースでの安定した利回りを目指す商品、為替特約付外貨定期預金 ●預金後、市場の為替相場が一定水準以上の円高となった場合には、お引出し時の円貨額がお預入れ時の円貨額を下回る場合があるので、商品の内容や注意点を理解し、自身の判断で申込む必要があります。

≪為替用語解説≫
【TTSレート】
お客さまが円を外貨に替える際に適用される換算レート。〔仲値〕+〔為替手数料〕※為替手数料は、米ドルの場合、1円となります。
【TTBレート】
お客さまが外貨を円に替える際に適用される換算レート。〔仲値〕−〔為替手数料〕※為替手数料は、米ドルの場合、1円となります。
【仲値】
外為市場の市場レートを参考に、各銀行が設定しているお客様向けの外貨取引基準レート。TTMともいいます。
【為替差益】【為替差損】
為替相場が、円を外貨に替えたときより円安に動いたときに、外貨を円に替えて得られる利益が為替差益。逆に円高に動いて損失が生じる場合が為替差損。
【為替変動リスク】
為替相場の変動によって生じるリスクのこと。外貨預金などの外貨建て金融商品は、円換算することで損失を被る場合があります。
【為替手数料】
円と外貨を交換する際の適用レート(TTSレート、TTBレート)に含まれる手数料。
【預入相場】
お預入いただく際の相場で、預入日の銀行公示仲値となります。
【為替特約による払出相場】
満期日に円貨でお受取りいただく際に適用される為替相場で、預入相場と同相場。
判定日にあらかじめ設定した範囲内の円高水準に達しなければ、満期日にはこの為替相場が適用されます。
【消滅条件相場(ノックアウトレート)】
満期日のお受取通貨を決める際の基準となる為替相場。預入日に預入時為替相場より一定範囲の円高水準で設定されます。
【判定日】【判定時為替相場】
判定日は満期日の2営業日前。この日に為替相場が消滅条件相場に達したかどうかを判定し、支払通貨を決定します。判定時為替相場は判定日における東京午後3時の為替相場です。

LINK
三井住友銀行

人気の基礎化粧品

 基礎化粧品といえば、まずはトライアルセットで試してみるのが一番ではないでしょうか?その上で、自分の肌にあるようなら本品を買う。これって常識ですよね!?その基礎化粧品ですが、最近人気なのが草花木果、PGCD、ビバリーグレンです。ちょっと、これらについて紹介しますね。

PGCDのソープ

PGCDの社員は全員ノーファンデなんだとか。その理由はPGCDのソープ。朝用と夜用で異なるソープは市販の石鹸より当然高いんだけど、モッチリ泡は感動モノ!

草花木果(そうかもっか)

年齢を重ねるごとに気になりだす毛穴。その毛穴を目立たなくするというのでネットで大人気なのが草花木果。透肌マスクジェルがついた草花木果のトライアルセットは、とにかく試してみるべし!

アテニア化粧品

ポーチ付きのトライアルセットでナンバーワンの人気といえばアテニア化粧品。でも、ポーチつきのトライアルセットなんてほとんどないんですけどね・・アテニアさん、大丈夫?

ビバリーグレン(ビーグレン)

ビバリーグレンの基礎化粧品は肌の悩み別に選ぶことができます。トライアルセットも用意しているので、悩んでいないでとっととビバリーグレンを注文してみましょう!

FXを比較するなら

FX会社ってたくさんありすぎてFX初心者の方は迷っていませんか?あなたに合ったFX会社がきっと見つかります。FX会社の評判が気になりだしたら、FX比較でチェックしてみましょう。

FXと為替展望

 来週のドル/円相場はレンジ内での値動きが続くと予想。逆バリの投資スタンス で臨む。注目材料は、15日(月)の10月対米証券投資、日銀短観、16日(火)の 米11月住宅着工、ゴールドマン・サックス9-11月期決算発表、17日(水)の米7-9月 期経常収支、モルガン・スタンレー9-11月期決算発表、などが挙げられる。また 15-16日に米FOMC、18-19日に日銀金融政策決定会合が予定されている。
 今年9月に米リーマン・ブラザーズが破綻して以降、iphoneでFXする場合には世界の金融市場と実体経済は 急激な収縮に見舞われている。世界銀行によると、来年の世界経済の実質成長率は 0.9%に低下するとともに、貿易量の伸び率は前年比▲2.1%と27年ぶりの減少に 転じる見通しだという(図表参照)。このため、各国の中央銀行は相次いで政策 金利の大幅な引き下げに動いており、わが国と諸外国との金利差は急速に縮小、 クロス円における円高圧力がかかりやすくなっている。
 こうしたなか、米FOMCと日銀金融政策決定会合がそれぞれ開催される。市場で は米国が0.5〜0.75%の利下げに踏み切るとの見方が大勢だ。最近ではFF金利の 実効水準は誘導目標の1%よりもはるかに低い0.1〜0.3%で推移しているため、 かりに0.75%の利下げが実施されても、金利差縮小の観点からドルを売り込む 動きにはならないとみる。  他方、日銀は、政策金利は据え置くものの、適格担保の範囲拡大などで企業金融 (資金繰り)の円滑化を図る公算が高い。だが月曜日に公表される短観は大幅な 悪化が見込まれるため、年度末までに利下げやCP(コマーシャル・ペーパー)の 買い入れなどを余儀なくされるだろう。日米が(意図的かどうかは別にして)協調 して金融緩和に踏み切ることで市場参加者のリスク回避姿勢が和らげば、円買い 圧力は徐々に弱まるだろう。

 人気が爆発したFXですが、口座開設するときにはFXのスプレッドの狭さだけではなく、安心して資産を預託できるFX業者なのかどうかをチェックする必要があります。 それには信託保全実施の有無を確認するのが良いでしょう。ポイントは全額信託保全を実施しているFX業者かどうか。 たとえば、フォーランドフォレックスはスワップが高いFX業者として有名ですが、100%信託保全を実施しています。 取扱い通貨ペアも17種類と比較的多めで、投資先を分散させることもでき、リスク管理に最適です。

MENU

ホーム FXのホントのトコ クレジットカード選び 投資信託を選ぶなら証券会社で