FXのホントのトコ

FXの基礎知識を重点的に勉強せよ

ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの9-11月期決算

 ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーの9-11月期決算は、投資銀行 部門の収益悪化や証券化商品の評価損拡大などによって赤字に転落する見通しだ。 ただ、赤字決算はマーケットにすでに織り込まれているうえ、FDIC(米連邦預金 保険公社)保証つきの債券を発行することで資金調達もできるようになっている ため(米国の信用力を利用して安定的な資金調達が可能)、両社の株価が売り込 まれて市場のセンチメントが不安定になる公算は小さいと考えられる。 需給面では、ドルにとって分の悪い展開となっている。本邦輸出企業による実需 の売りがドルの頭を抑える一方、投機筋と目される新規の円買いポジションが 積み上がっているからだ。シカゴ・マーカンタイル取引所にある国際金融先物市場 (IMM)の通貨先物市場の動向をみると、11月第2週まで減少傾向にあった投機筋の 円買いポジションは、この3週間で約22,000枚(約45%)も増加した。こうした 動きは市場のドル安円高予想を反映したものと思われるが、その一方で、ドル安 材料に対するマーケットの反応が鈍くなっている点には注意したい。今後は、円 買いポジションの巻き戻しによるドル高円安の進行も視野に入れる必要がある だろう。

売買手数料について

・売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。・外貨の受渡し手数料は、 9万通貨まで:1万通貨あたり5,000円、10万通貨以上:1万通貨あたり3,000円で す。・スワップポイントは、1日あたり「スワップポイント×建玉数量(枚数)」 です。・本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)が あり、1万通貨あたり「売買価格差×10,000」をご負担いただくことになります。 ・証拠金は、1万通貨あたり5,000円〜200万円(通貨ペア、コースにより異なりま す)で、お取引は証拠金の最大約150倍まで可能です。

MENU

ホーム FXのホントのトコ クレジットカード選び 投資信託を選ぶなら証券会社で