クレジットカードと現金

見た目で選ぶクレジットカード

クレジットカードとは

 クレジットカードの会員になるためには、最初にカード会社の審査を受ける必要がある。審査の基準はカードの種類や発行会社によって異なるが、基本的には申込者の属性(職業や年収、信用情報等)を元に審査を行っている。 一般に、本人か配偶者に安定した継続収入があることが条件のため、無職(学生・老齢年金受給者など除く)が審査に通るのは難しいと云われる一方で、無職でも不動産収入や投資収益のある人または遺産相続や贈与による資産家で金融機関と取引があれば、少なくともその系列のクレジットカードは発行される事も多い。 従前はフリーター・派遣社員は定職ではないという考えから、その雇用形態や収入により審査否決とする(被扶養者は除く)カード会社が多かったが、近年の雇用形態の変化から、以前より緩和されている。しかし、出資法の改正による上限金利の引き下げによって、現在では再び審査が厳しくなっている。 すなわち、入会にはカード会社への個人情報の提供が必要である。 主婦や年金受給者は勤め先等の記入は必要ないが、お勤めや自営業の方はその社名や店名、所在地、電話番号、勤続年数、年収の記入がないと、審査ができないため、原則、入会できない。居住年数や持ち家かどうかなどもすべて信用取引カードの発券、与信のためである。また、暗証番号は希望の番号に設定できるが、入会者本人の生年月日、電話番号、住所番地、すべてが同じ番号であったり、連続する数字は判明してしまう可能性が高く、そのため入会者を保護する理由から、使用しないようにいわれる。-Wiki-

MENU

ホーム FXのホントのトコ クレジットカード選び 投資信託を選ぶなら証券会社で